Monthly Archives: 3月 2010

バーコード(JANコード)から商品を検索するための無料の方法ってある?

無料で利用できるAPIで無いかなぁ。
バーコードってプライベートな番号もあるからそういうのは無理としても、ある程度のレベルで……
http://www.dsri.jp/company/jicfsifdb/top.htm
↑ここの検索って有料っぽいよねぇ
企業コードまでは引けるんだけど……
バーコードから価格.comで商品検索するみたいなiPhoneアプリがあるようなので、そこそこ低コストで検索する方法はあるような気がする
……というかこれもしかして携帯用のAPIを勝手に使ってるだけかな、いやまさか、有料アプリで、あはは
具体的にはメーカー製の食品についてバーコードから商品情報を引っ張ってくるAPIが欲しいなぁと。
ないかなぁ。

GC本が今届いた


ネタがマニアックすぎて誰得な本
丁寧な内容で分かりやすかった
個別には既に知ってることも多かったけどまとまってるのは良いね

ラジオのネットサイマル放送 “radiko” を聴いてみた

うん、まずあれだよ、SSLの証明書ちゃんと取ってね。マジで。これは恥ですよ。引くわ。
それはそれとして……
これはとても画期的な試みだと思う
ラジオはTVと比べるとずっと低コスト低収入な業界なんだろうけど、成熟したプロのコンテンツを持っていて、かつ広告との親和性も高く、このままでは死に行く業界であるがゆえに失うものも少ない
プロの作った音声コンテンツがあり、広告代理店が付いてるなら、iPhone/Androidに限らずガラケーも含めたケータイとの親和性がすごく高いんじゃないかな
だって、GPS搭載してるからスポット広告の的確さは最強だし、通販デバイスでもあるから紹介された商品もしくは今聞いた音楽をその場で買うみたいなことも出来るわけだし、リスナー数も恐ろしく正確に把握できるし、携帯はテレビよりも接してる時間の長いデバイスだよ
広告まで含めた純粋なサイマル放送よりも、iアプリやiPhoneアプリで専用クライアントを作って広告部分はもっとインテリジェントに出来ると強いと思う。iPhoneアプリは物販モードに入るとアプリ即死しちゃうけど、メールアドレスをアプリに覚えさせておいて「今聞いてる音楽の情報をメールでゲット!」みたいなボタンを置いてもいいわけじゃない?
むしろ広告まるっと入った素のサイマル放送部分については、ある程度制限していいからAPI公開してくれたらラジオ局とwin-winになる形でマッシュアップしてくるところも出てくるんじゃないかなぁ。あーでも版権管理とかややこしいのかな……。ニコニコ生放送的な感じでみんなで聞くとかできるよね、広告さえ削られなければwin-winになれる。
こういうのって最初のスタートアップでみんなが聞いてくれるまでが大変だけど、今ならまだラジオ局がなんか始めたとして最初にみんなが取り上げてくれる程度の知名度があって、実際今でも100万人殺到で即鯖落ちってくらいは集まるわけで、いきなりアーリーアダプター以上からスタートできるって大きいよ。
というようなことはともかくとして、SSL証明書早く取って下さい

Google DevFest 2010 クイズその後

DevFestのLTでUnion Findってアルゴリズムが紹介されてたんだけど、これ設計途中で俺が検討したアルゴリズムをもっと汎用的にしたような感じっぽいなぁ。
どういうのを検討したかというと、各セルに双方向(環状)リストで接続できるようにポインタ2つ持たせて標準では両方自分自身を指させて、各セルは右と下のみを走査して同値なら環状リストを結合(マージ)する。双方向の環状リストなのでマージは2要素だけのポインタ操作で完結できる。
自分自身がルート要素であるかどうかだけどこかで管理した方が後の数え上げが楽かな。
そうすると、最終的に結合した全要素が繋がった環状リストが各所に出来上がるので、数え上げる。数え上げは非効率といえば非効率だけどリストにカウンタ持たせるより後から一度だけリスト辿って数え上げる方が良いと思う、多分。数え上げは1回だけだから。
で、マーキングフェイズも数え上げフェイズも容易に並列化できる。何故なら、マーキングは隣接するセルが複数スレッドで同時に処理されるケースだけ気にすればいいし、数え上げは異なるルートであれば処理は衝突しない。
というようなものを考えてみたけど明らかに無駄な努力なのでやらなかった。
今晩にでもコード書いてみようかな。Cygwinなんで並列化はしないけど。