Monthly Archives: 7月 2009

QVGA端末

MarketにうpしてからQVGA端末のことを思い出した。
今更ながらエミュでQVGA端末作って表示確認。ちゃんと想定して作ってはいたんだけど、意外と問題なくいけた。
世界的にはまだローエンドでQVGA端末が出てくる余地はありまくるので当面はQVGAも念頭に置いた方がいいんじゃないかなと思う。

ドコモのAndroid第二弾は何になるんだろうね

なんか今年中にHTC以外からAndroid機がリリースされるそうですよ
というか
まあ
Samsungのような予感はプンプンしていますが…
欧州版のSamsung “I7500” が出るのかどうか分かりませんが、I7500は基本的にHTCのものと似たり寄ったりの構成です。
ディスプレイが解像度同じで有機ELになり、カメラが3.2Mから5Mに、ヘッドフォンがUSB(充電兼用)から3.5mmヘッドフォン端子に、トラックボールが十字キーに、RAMが192Mから128Mに、内蔵ストレージが512Mから8Gに、バッテリが1340mAhから1500mAh、といった違いでしょうか。
ヘッドフォン端子は良変更。HTCは変則USBヘッドフォンとかやめるべき。
トラックボールは痛し痒し。アプリによって一長一短ですがブラウザのナビゲート性では明らかにトラックボールが勝るでしょう。文字入力時は十字キーの方がいい気がします。
RAM減少はやや痛いですが今のところどうせ1アプリ16M制限があるので足りる気がする…。将来的には分かりません。128はちょっと少ないんじゃないのとは思います。
ストレージ増加は大きいです。iPhoneと違い音楽や動画などの領域はSDカードで補えますが、アプリ本体やアプリ内部のデータは内蔵Flashに入るため、HTC機は明らかに少なすぎでこれは最大の欠点です。
バッテリは大きいに越したことはないですね。iPhoneと比べて常駐アプリというのも大きな差別化点ですので多少厚くなってももっと思いきったバッテリ積んでもいいくらいだと思います。
まだどこが出すとも分かりません(ソニエリとかAcerとか有り得ます)が、各社創意工夫を凝らして是非変態的な端末で市場を沸かせて欲しいものです。
残念なのは日本メーカーが…ねぇ…Androidにおサイフやワンセグを付けちゃいけないなんて決まりはないですよ?

JavaのGenericsでnew T()ができない件の続き

JVMを変えずに糖衣構文で乗りきりたかったってのは分かるんだけど

public class Hoge<T> {
private void hoge() {
T t = new T();
t.foo();
}
}

みたいなコードがあった時に内部的に

abstract protected T __newT();
private void hoge() {
T t = __newT();
t.foo();
}

のように展開して、

Hoge<String> hoge;

とかされたら内部的に

class HogeImpl extends Hoge {
protected String __newT() { new String(); }
}
HogeImpl hoge;

みたいな糖衣構文で逃げてはいけなかった理由は何だったんだろう。

JavaのGenerics

new T()できないことを今知った。
いや以前それっぽい記述をどっかで見た気はしたけど猛烈にスルーしてた。
致命的じゃんこれ。どこがGenericだよ。
関数の入り口で型チェックしてくれて、出口でキャストしてくれる、という糖衣構文以外の何物でもないじゃないか。
ないわー

ニコニコ閲覧アプリ一旦Pending

完成しても当面公開のアテがない(中間サーバ必須の状態では公開する気がない)ニコニコ閲覧アプリの開発を一旦Pending
OpenCore2.0で期待してた改善が行われず、かつブラウザにしれっとFlash10が載った日にゃアホ臭いので…
まだほんの触りを作り掛けてただけだけど色々勉強にはなった。さて、何を作ろうかな。